×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  1. エミュファンTOP
  2. プレステエミュレータ
  3. ePSXeエミュガイド
  4. ePSXe使い方

ePSXeの使い方

プレイステーションエミePSXeを使ってパソコンでプレステゲーム

まずはエミュ本体はもちろん、起動に必要なものを用意します。

ePSXe動作に必要なもの

注意:BiosやISOファイルなどはご自身で用意して下さい。
吸出したBiosやROMファイルなど入手経路を問わず、これらのモノを配布や譲渡する行為は違法となります!絶対にしないで下さい・・

エミュ本体ファイルをダウンロード

ePSXe/ダウンロード
ePSXe本体入手はこちら

PCSX公式サイト

ePSXe公式サイトからエミュ本体「epsxe170zip」をダウンロード
ダウンロードした本体ファイル(epsxe170zip)を解凍して開きます。

epsxe170zipの解凍

zlib1.dllを用意する

zlib1.dll」ファイルをダウンロードして指定場所へ

以下からダウンロードして解凍、「ePSXe.exe」と同じフォルダにコピーします。

zlib1.dll/ダウンロード
zlib1.dllを入手
http://www.dll-files.com/dllindex/dll-files.shtml?zlib1

BIOSファイルを専用フォルダへ

BIOSファイルについて
ePSXeエミュはBIOSファイルがないと動作しません。
用意したBIOSファイルを「biosフォルダ」へコピーします。

ePSXeのbiosフォルダ

必要なプラグインをダウンロードして専用フォルダへ

ePSXeの場合、サウンドとCDドライブプラグイン・コントローラーは既にあるので、
残りのグラフィック・プラグインを用意します。

必要な各プラグインを選び、それぞれダウンロードして集めます。

プラグインとは、簡単にいうと追加機能(補助)プログラムの事です。詳しくは以下にて
プラグインの詳細・入手方法などはこちら

入手したプラグインは、エミュレータ本体と同じ階層にある「Plugin」フォルダの中へ

Pluginフォルダへコピー

プラグインは色々な種類をいくつでもまとめて入れておいても良い(後で好みでチョイス)

必要なプラグイン:グラフィック、コントローラー・サウンド(付属)・CD-ROMドライブ(付属)

各種設定/セットアップウィザード

ePSXeセットアップウィザード

初回起動時にはePSXeの設定ウィザード画面が開きます・・

※上記画面は日本語化した状態の画像です。
英語表示のままでも機能自体はかわりませんが、より使いやすい日本語表示で。
詳しくは
ePSXeの日本語化方法

ウィザードに従って各設定をします。
サウンドはデフォルトのままでもOKですが、グラフィックとコントローラーについては要設定
必ず初期設定を行いましょう。

詳しい設定方法については以下参照
ePSXeの詳しい設定方法はこちら

ゲームの起動

ePSXe.exe」をクリックしてエミュレータを起動

ePSXe.exe

CD-ROMからの起動:手持ちPSゲームのCD-ROMをドライブにセットし、メニュー「ファイル」から「CD起動」をクリック
ISOファイルから起動:メニュー「ファイル」から「ISOの起動」をクリック
それぞれ開きたいプレステROMを指定しゲームが起動します。

尚、プラグインの組み合わせや設定、Biosのバージョンによって正しく動作しないゲームソフトもあります。
この様な場合、他Biosの導入や、プラグイン変更・設定の見直しを・・

※ゲームのソフトにあたるROMファイルやディスクについては別に用意しておく必要があります

ePSXeの終了方法について

キーボードのESCキーを押して終了
ESCキーではなくePSXe画面のゲームウィンドウ(X印)から終了すると、ePSXeのプロセスが残ったままとなり
ゲームの音がすっとなり続けるなどの現象が起きる事があります・・
対策方法:タスクマネージャから「ePSXe.exe」を選択して強制終了を行う。

ePSXeの設定方法紹介ページ

【関連ページの紹介】
・ePSXe情報メイン
・ePSXeの日本語化方法
・ePSXeの設定方法
・PSのプラグインについて
・PS(PSX)GPUプラグイン設定方法
・プレイステーションエミュレーターの紹介

デル株式会社

デル株式会社

デル株式会社