×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  1. エミュファンTOP
  2. プレステエミュレータ
  3. プレステプラグイン
  4. PS用CDROMプラグインの設定

CDR/ドライブ詳細設定方法

対応PSエミュレータ

プレステ(PSX)エミュレータ用CD-ROMプラグインの紹介

CDRプラグインP.E.Op.S. CDR Driver の使い方・サウンド設定方法など

P.E.Op.S. CDR Driver/ダウンロード
P.E.Op.S. CDR Driver 入手はこちら

P.E.Op.S. CDR Driver対応PS(PSX)エミュレーターの種類:ePSXe、PCSX、他

P.E.Op.S. CDR Driverの場合

設定画面


プラグイン/CDR Driver設定画面

基本設定

ポイント設定項目

ここでの項目では、簡単な上段の4つの項目の設定確認だけで良いと思います。

使用環境により、正しく動作させる為にはASPI Driverのインストールが別途必要な場合があります

インターフェース-OSにより異なるが、Windous2000やXP、VistaなどはW2K/XP - IOCTL scsi commandsを推薦。
ドライブ-使用するドライブの選択。複数ある場合はもちろん、指定しておいた方が良いです。推薦
読み込みモード-ここではPSのゲームソフトをドライブに入れて「自動指定を試す」をクリックすれば自動で設定可能。
キャッシュモード-。通常:「Async read」もしくは「Thread read」推薦。

その他、エラーの扱い、PPFパッチなどは必要に応じて設定してください。

上記設定で、プレステゲームディスクでのプレイ中に頻繁に読み込みでゲームが中断されてしまうなどの場合にはROMイメージ化をしてデーモンツールなどの仮想ドライブからの起動などを試してみると良いかもしれません。
CDR MoobyなどISOファイルからの起動も可能なプラグインなどもお勧めです・・

最後に、すべての設定が済んだら「OK」ボタンをクリックして設定を保存します。

関連ページ
他・各種プラグインについてはこちら